先輩インタビュー NURSES

INTERVIEW
4階東地域包括ケア病棟
古島 愛

教育体制も充実していて、
看護師に必要な技術や考え方を
しっかりと学べます。

当院に入職を決めた理由はなんですか?

まず、飯田市立病院は飯田下伊那の病院の中で診療科数が一番多く、さまざまなことを学び、経験できると思いました。
また看護学生時代の実習では、先輩方に熱心にご指導いただき、こんな先輩たちと一緒に働きたいと感じたことも大きな理由です。

当院で実際に働いてみた感想は?

わからないことはすぐに聞くことができるので、とても働きやすいです。先輩から、副部長、部長、師長まで、年齢や役職の垣根なく相談することができます。病棟をあげて人を育てようという空気を感じますね。
教育体制も充実していて、看護師に必要な技術や考え方をしっかりと学べます。さまざまな分野について学びを深めることができるので、やる気のある方に向いている病院だと思います。

看護師として
とくに心がけていることはありますか?

患者さんのために、「今のわたしにできることは何か」を常に考えるようにしています。 入院していたり、体調がすぐれなかったりなどさまざまな不安をかかえた患者さんに、やさしい声かけや笑顔で、少しでもホッとしていただけるよう心がけています。

どんなときにやりがいを感じますか?

患者さんが元気に退院していく姿を見たとき、そして「ありがとう」の言葉を聞けたとき。 それから、患者さんのためにみんなで考えて行った看護で、今までできなかったことがひとつでもできるようになったときに、大きなやりがいと仕事の楽しさを感じます。 看護師は命と向き合う仕事なので、苦しいこと、つらいことも多いです。それでも患者さんのためによりよい看護を考える時間は楽しく、とても充実しています。

今後のキャリアプランや
目標を教えてください。

まずは、まだ経験していない診療科での看護を学んでみたい。
そして常にスキルを磨きながら、わたし自身がそうしていただいたように、新人や経験年数の少ないスタッフたちと一緒に成長できるよう、学んだことを伝えていきたいです。

看護学生の方、
当院への入職を検討されている方へ
メッセージをお願いします。

看護師は「命」に関わる仕事です。だから、つらいことも大変なこともあります。でもそのぶん、「よかった」「楽しい」と感じられることも多い仕事です。
みなさんと一緒に、患者さんのために何ができるかを考え、看護できる日を楽しみにしています。