OUR HOSPITAL 看護部について

看護部長挨拶

看護部長
笠原真弓

「あなたの夢・看護の実現を目指して」

私たち看護部は、高度急性期である救命救急センター、がん連携、災害拠点、周産期医療等、公立病院で働く職員として広い領域での責任を担い、24時間を通して看護を実践しています。
これらの役割を果たすために、入院前から〝全人的視点に立って患者さんを支援すること″また〝チームを組んで患者さんの目標に向かうこと″を大切に看護を提供しています。
特に当院は、飯伊では唯一の臨床研修指定病院であり、教育診療技官であるセンター長と協働し入職時から全職員が一体となった教育支援体制を整えています。
さらに固定チームナーシングのビジョンのもとにJNAラダーに沿った継続教育を行い、この地域で働き続けられる看護職として、キャリアプランが持てるような環境も大切にしています。
“手厚い看護体制”“子育て支援とWLB”“職員間のつながり”整った環境の中で、全職員が誇りとやりがいをもって働ける組織作りを目指しています。
是非、私たちと一緒に【看護を実現】してみませんか。

「看護部理念」

私たちは、患者さんの意思を尊重し、専門性を発揮した温かな看護を実践します

「目標」
  • 全人的視点に立った看護実践と患者の安全と倫理観に留意した看護サービスの提供
  • 人材育成を目指した継続教育と働きやすい職場環境の整備を行う
  • 地域医療構想を基盤に看護の視点で病院経営に参画する

副看護部長からのメッセージ

副看護部長 杉山みどり
副看護部長 杉山みどり
総務担当
人材確保事業と看護記録の質向上と院内連携、臨地実習の統括を担当しています。就職ガイダンス、インターンシップの開催や企画運営をしています。令和4年3月に初めてWEBでのインターンシップを開催しました。コロナ感染状況を気にすることなく、他県の方も参加でき好評でした。今後も計画的に開催していきます。
記録では、看護部の目標である「全人的視点に立った看護実践」をもとに、患者のケアプロセスが見える記録、適切なアセスメントができ、計画に沿った看護実践を証明する記録を目指しています。また、臨地実習では、コロナ禍でも少しでも実習ができるように基礎教育機関と連携を図り受け入れ体制を整えています。
副看護部長 櫻井幸代
副看護部長 櫻井幸代
業務担当
看護基準と備品管理および救急・災害対策医療を担当しています。具体的には、皆さんが働きやすい環境が整うように、ナーシングスキルを活用した看護基準の整備と、看護に関係した備品の調整と請求を行います。また、救急・災害担当として、DMATや災害支援看護師の支援と育成に関わり、看護師のスキルアップに携わっています。
副看護部長 清水典子
副看護部長 清水典子
地域連携・安全・情報担当
地域連携・医療安全・医療情報を担当しています。地域連携では、多職種で入院前から患者さんを全人的にとらえ、患者さんやご家族の思いを大切にした退院支援ができる看護師の育成を目標にしています。医療安全においては、インシデント事例の振り返りから、看護の視点での再発防止に努めています。医療情報では、看護に関連したシステムの運用を検討し、安全で働きやすい環境作りを目指しています。
看護師長 篠原夏子
教育担当
教育は、看護提供方式である固定チームナーシングとの連動を基盤にしています。患者さんの自立を支援できる、また臨床において自己実現が図れる看護職を育成するためにクリニカルラダーとマネジメントラダーに沿った教育を実施しています。新任者教育はプリセプターシップをとっており、一人ひとりをプリセプターやチームで支えています。新任者研修は、多職種合同のプログラムもあり入職時から多職種の仲閒ができ、連携をとりやすい関係性ができています。