OUR HOSPITAL 看護部について

看護部の理念・目標

理念

私たちは、患者さんの意思を尊重し、専門性を発揮した温かな看護を実践します

 

目標

全人的視点に立った看護実践と患者の安全と倫理観に留意した看護サービスの提供
  1. 全人的視点に立った看護の実践と評価を行う

    1)看護問題から新標準看護計画を活用し看護を展開する
    2)看護問題を意識し患者カンファレンスを確実に実施する
    3)外来、患者サポートセンター、病棟における連携と効果的な入退院支援を実施する
    4)クリニカルパスを患者と共有し適切なバリアンス評価につなげる
    5)  ACP基準に基づく多職種連携と看護を実践する

  2. 患者に注目した医療安全の推進

    1)緊急入院(含時間外)、緊急手術等への安全な対応
    2)多職種との情報共有によりインシデントを未然に防止する
    3)インシデント事例の学びを共有し、OJTに活かす
    4)リスク評価の看護展開を確実に実施する
    5)前年度部署で発生した重要なインシデントについて徹底した対策と防止を図る

  3. 固定チームナーシングによる看護実践と小集団活動による看護の質向上

    1)今年度の評価を次年度の小集団活動に活かし患者の看護に還元する
    2)チームの課題、抄録、ガントチャートを含めた書式の再周知を図る
    3)部署でのリーダー会、チーム会のあり方を見直す

  4. 倫理的感性に配慮した看護実践の推進

    1)Jonsenの枠組みによる多職種カンファレンスの実施

地域で活躍できる人材育成を目指した継続教育と働きやすい職場環境の整備を行う
  1. クリニカルラダー、マネジメントラダーを活用した人材育成を推進する

    1)キャリアラダー・マネジメントラダーを活用し、自己成長を促す
    2)ラダーレベルに沿った集合教育を各委員会が企画する
    3)目標管理、異動時「Will-Can-Must」を活用する
    4)計画的な学会、研修会等への参加と、報告を周知する
    5)  組織的に必要な人材育成を支援する(長期研修・資格取得)
    6)  「コンピテンシー」を学習し、看護管理者を育成する 
    7)  多職種共通のノンテクニカルスキル評価の推進 
    8)  特定行為取得者の効果的な育成と活用

  2. 看護職の負担軽減に向けた工夫

    1)看護職、看護補助者の人材確保と業務分担の推進
    2)委員会・係会体制を再構築した2年目の評価を行う
    3)勤務表作成時の基準決定、就業管理システムによる安定した運用を行う
    4)記録の工夫と効率化を図る
    5)育児支援者が役割を発揮するための工夫をする
    6)年休取得に向けて取り組む

  3. 心理的安全に配慮した組織文化の醸成

    1)コンフリクトマネジメントの学習と組織運営を行う
    2)アサーティブな発言ができる部署作りを推進する
    3) 多職種相互が心理的安全性を意識した習慣を身につける

地域医療構想を基盤に看護の視点で病院経営に参画する
  1. 当院の役割を理解し地域連携を推進する

    1)高度急性期機能の維持と弾力的運用を検討する
    2)状況に応じて地域包括ケア病棟の運用を検討する *感染対応、眼科在院日数、一般病棟退院支援等
    3)外来機能の充実と見直し
    4)在院日数、利用率等、様々な要因を俯瞰した病床管理を行う
    5)外来と地域医療部の情報共有と連携

  2. 加算に向けた取り組みと患者への還元

    1)専門職チームの一員として看護の役割を発揮する
    2)専門職チームと病棟が相互作用のある看護実践を目指す
    3)入退院支援と看護問題に注目した共同カンファレンスを実施する
    4)退院前訪問、退院後訪問を行い、看護実践の視野を拡大する

  3. 看護基礎教育の受け入れと継続した教育支援

    1)臨床指導者の育成
    2)基礎教育機関と連携を図り、臨地実習のあり方を協議する
    3)コロナ禍を経験した新人に対し教育体制を整える
    4)多職種連携のためのワークショップの開催

  4. 適時調査に向けた準備

    1)各部署で施設基準に沿った提示書類の把握と確認
    2)新規算定項目の調査に向けた準備