OUR HOSPITAL 看護部について

看護部の理念・目標



理念

私たちは、患者さんの意思を尊重し、専門性を発揮した温かな看護を実践します。

目標

全人的視点に立った看護実践と患者さん中心の看護サービスを提供する。
  1. 全人的視点に立った看護の実践と評価

    1)問題点の把握から標準看護計画をベースに意志決定を支援し個別性を重視した看護過程を展開する。
    2)患者サポートセンターや外来含め、在宅までの一連の流れが可視化できる退院支援を行う。
    3)24時間を通じ患者・家族の倫理的課題を把握し、誠実に対応する。
    4)「人生の最終段階における医療とケアの話合い」の場に同席し看護職として患者・家族を支援する。
    5)患者・家族の意に沿ったターミナルステージ(DNAR等)へ向け、適切な対応を行う。

  2. 看護サービス向上を目指した病院機能評価の取組み

    1)1.3)の倫理事例を多職種間でカンファレンスし、記録に残す。
    2)ケアプロセスを意識した患者主体の記録、基準、環境を整える。
    3)各部署・委員会での準備を進める。

  3. 院内の部門と連携した医療安全の推進

    1)部署内において看護が関わる安全の仕組みを強化させ、同じ事例を繰り返さない。
    2)インシデント事例の学びを共有し、予見行動に繋げる。
    3)リスク評価を適切に行い患者の安全を守る。

  4. 固定チームナーシングにおける小集団活動を通じた看護の質向上

    1)前年度の評価から目指す看護を語り合い、目標を具現化する。
    2)日々の実践から達成可能な課題を持ち、患者の看護に還元する。
    3)年間の課題達成と看護の達成過程をチームでリフレクションする。

有効的な人材を育成する目標管理と働きやすい職場環境の整備を行う。
  1. 標準化した新キャリアラダーの啓発とキャリアプランの支援

    1)H30年度に再構築した新クリニカルラダー・マネジメントラダーの啓発を行う。
    2)職員個々に対しキャリアプランと組織目標を意識した目標設定を行う。
    3)新ラダーに沿った集合教育の工夫と評価基準を作成する。
    4)「コンピテンシー獲得のための教育モデル」へ参加する。
    5)人事評価の再構築をする。

  2. 看護職の負担軽減に向けた工夫

    1)10月を目途に重症度医療看護必要度をEFファイルへ移行する。
    2)働き方改革に向けた労働体制の整備を進める。
    3)記録の効率化を図る。
    4)育児支援者を含め皆が役割を発揮しお互いを思いやる文化を醸成する。

  3. 温かさが感じられる組織文化の熟成

    1)コンフリクトマネジメントの学習と組織運営を行う。
    2)多職種を理解し、お互いが支え歩み寄る環境を作る。
    3)多職種も含め、褒める、認める、励ます言葉掛けのできる組織を作る。

  4. 研修や小集団活動等を通して、成果を看護実践に活かす。

    1)計画的に各種学会、研修会等への参加と報告を周知する。
    2)小集団活動、ケーススタディ等を支援し院外発表へ繋げる。
    3)組織的に必要な人材育成を検討する(長期研修・資格取得)。

地域医療構想を背景に看護の視点で病院経営に参画する。
  1. 地域連携のなかで当院の役割を理解する

    1)地域包括ケア病棟の移転と有効利用に向けた再評価と対策を講じる。
    2)前方後方連携と大型連休、冬季を考慮し様々な要因を俯瞰した病床管理を実施する。
    3)院内助産に向けた体制を整備する。
    4)長寿命化整備計画に沿って情報共有し、計画的に移転する。
    5)特殊部門(手術室、外来、救急、ICU、NICU、周産期センター)の適切で効果的な運用を行う。

  2. 部署の特性を活かした質の高い看護サービスの提供

    1)多職種チームにおける調整と患者・家族の思いに沿った支援をする。
    2)看護本来の役割を意識した加算算定の増加の取り組みを継続する。
    3)部門と連携し、看護の実践を可視化する。

  3. 限りある資源の有効活用と獲得

    1)院内で協働し組織存続のための人材確保を行う。
    2)看護補助者と協働した日常生活を支援する。
    3)実習体制を整え臨地実習生に選ばれる職場を目指す。
    4)認定看護師、委員会、係としての役割を果たす。